純喫茶へ、いかがですか?

アコルデオンの唄うたいゴトウイズミの大好きなレトロ昭和な喫茶店。あちらこちらで見つけた純喫茶や昭和喫茶日記。


<< 「 純喫茶ローリエ」山形県鶴岡市 2011.1.3 | main | 「 珈琲館 白」岡山奉還町商店街 2011.1.31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「 cafe MONK」広島市中区 2011.1.9
 広島での私の居場所の一つモンク。基本は一人でいく。一人なのに、誰かと会う為に行く場所。そこに居る人ではなく、いない人に会いにいく。そんな大切な大切な場所。

店の前のチャリは私のボロチャリ。

入る前に一呼吸置くドア。

店内はいつもクラシック。店の前の喧噪が嘘のようにここには異空間が広がってます。

私の席はいつも決まっている。窓側のこの席。絶対ここ。ここが塞がっていることがまずないので必ずここ。夏になると窓があいていて人通りを眺めながらいろんなことを考える。

メニューは見にくいマスターの字で(失礼!)びっしり書かれている。初めはこのメニューを制覇するまで結構時間がかかった。

今日はカフェロブスタ−700円。小さめのカップに注がれています。味は大事に大事に煎れラレタ確実な味がします。

ここのマスターはチェロを弾きます。暇な時は練習してる。そんな姿が大好き。私はバッハが好き。マスターもバッハが好き。バッハが好きな人はわかる。大体仲良くなれる。どうしてだろう?それは何故かわからないのだけれど、、、

煙草は珈琲が来るまで吸わない。珈琲が来てもすぐに仕事しちゃったり、いろいろやったりしない。背筋をまっすぐに伸ばしてそこの場所に合うよう自分の品格を上げる。
それが自分の儀式でそこに相応しいマナーのような気がしてる。思い込みかな?
そうだとしても、それでいい。

何かを得ると、何かを見失う。器は決して広がらない。器はいつも正直だ。
一人ぽっちになって一人じゃない。
コレって、みんなといるのに孤独感が増すよりずうっと好きだな。
モンクも珈琲もこの席も煙草もマスターもチェロもバッハもみんな好きだな。
本当に好きだな。


| - | 16:34 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:34 | - | - |
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS